お菓子作りに向いていない米粉を買ってしまったら

こんばんは。

ama-iroです☺︎

 

今日は米粉について、ちょっと書いてみようと思います。

最近はスーパーや道の駅でも手軽に買えるようになった米粉。

皆さんはどのように使い分けていますか?

米粉でお菓子を作ったことのある方はご存知かと思いますが、米粉のお菓子を作る際は「製菓用の米粉」を使わなければ基本的にレシピ通り上手く出来上がりません。

それは米粉の製粉方法や粒子の細かさで、水分の吸水率が変わってしまうためです。

製粉の際のお米の澱粉の損傷率が関係あるそうなのですが、、、難しい話は置いておいて。。。

 

「この米粉、やってみたけどお菓子作りには向いてなった!」という米粉、どうしてますか?

棚の奥深くに眠ってたりしませんか?

(この前もスタッフさんと話してたのですが、道の駅で売っている米粉で「微製粉」や「製菓用」の表記がない米粉は大体お菓子作りには向いておりません💦)

 

私はそんな米粉は積極的に料理に使っています!

例えば唐揚げの衣に片栗粉と混ぜて使ったり、天ぷらの衣に使ったり。

うちは息子が野菜の天ぷらが大好きなので、大体そんな感じで使っているとあっという間になくなります。

 

ちなみに天ぷらの衣は

・米粉

・片栗粉(またはコーンスターチ)

・塩

・豆乳(ないときは水で)

 

こちらをもはや測りもせずにザザッと混ぜて作っています。

唐揚げの衣に使うと、揚げたてはサクサク、時間が経ってもしっかりした食感が残って美味しいです✨

 

あとはホワイトソースを作るときに使ったりもしています。

米粉を使っていくと、あれ?小麦がなくても意外と色々作れるな〜って思いますよ♪

 

ちなみにama-iroで使っている米粉は農薬も肥料も使わずに育てられた「ササニシキ」という品種の米粉です。

お菓子作りに使う材料って、例えばメープルシロップとかアーモンドパウダーとか、レーズンなどのドライフルーツとか。。。

外国のものがどうしても多くなってしまうんですよね。

なのでせめて米粉だけは、国産で、しかも環境にも人にも優しいものを使いたくて、選びました。

品種も原種に近くて体に負担の少ないササニシキ。

 

農家さんのお役にも立てたらと思っています。

 

米粉について、皆さんにもっと知ってもらって、身近に感じてもらえたら嬉しいです。

 

それでは、また明日〜☺︎

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です